会費減免申請のご案内

Body

 経済理論学会会費納入細則第1条第1項にもとづき、大学院を修了または退学の後に専任職に就いていない会員(但し日本学術振興会特別研究員は除く)については,本人からの申請がなされ,かつ幹事会における承認を経た場合,会費を一般会員会費(年額1万円)の半額に減ずることができます。

 2016年10月に開催された会員総会において,専任職に就いていない会員への会費減免措置について審議がなされ,会費納入細則第1条第1項が改定されました。この改定により,専任職に就いていない会員(ただし日本学術振興会特別研究員を除きます)については,幹事会に減免を申請し承認を得ることにより会費が半額(5千円)となります。なお,総会での審議の際,大学院修了後に専任職についていない若手の会員からの求めに応じて本措置が提案された旨,事務局より経緯の説明がなされております。これまでの幹事会での審議・承認においては,専任職に一度も就いたことがない会員を優先的に減免の対象とする運用がなされており,専任職を退職後の会員については対象外とされております。
 減免の手続きは次の通りです。
1. 会費減免申請書を下部のリンクよりダウンロードし,必要事項を記入し捺印する
2. 事務局宛に郵送(ないし記入・捺印後にスキャンしたファイルをメールで送付)する
3. 申請書を幹事会にて審議し,審議の結果を事務局が申請者にメールにて伝達する
4. 事務局からの伝達を受けた後,申請者は会費を納入する
 以上となります。なお,2020年度第2回幹事会において,一度承認された場合,専任職に就く場合を除いて翌年度以降の申請は不要と決定されました。専任職に就かれた場合は会費減免措置の対象外となりますので,事務局宛に必ずお申し出ください。

会費減免申請書

*なお,70歳以上になられた場合は,上記の制度とは関係なく(専任職経験の有無とは関係なく),ご申請にもとづいて幹事会の審議を経ずに会費は8千円となります。70歳以上になられた旨を,事務局までメール(secretariat(at)jspe.gr.jp)もしくは郵送でお知らせください(会費業務を委託している桜井書店でも受け付けております)。ご申請にもとづいて会員区分を変更いたします。この場合,特に申請書などのフォーマットはございませんが,本文に「70歳以上会員への区分変更を申請します」という一文をお書きください。

【郵送での送付先】
〒195-8585 東京都町田市金井町2160
和光大学経済経営学部 日臺健雄研究室内 経済理論学会事務局

【メールでの送付先】
経済理論学会事務局メールアドレス secretariat(at)jspe.gr.jp

※ 上記のメールアドレス中の (at) は、@ に置き換えてご使用ください。