震災・原発問題福島シンポジウム  2012年3月24-25日

 *福島シンポジウムのチラシはこちらです(pptファイル)。どうぞご利用下さい。
 
 
3月24−25日福島シンポジウム要項
                               福島シンポジウム実行委員会
 
1)集会名称: 震災・原発問題福島シンポジウム
 
2)参加学会
 主催: 経済理論学会、経済地理学会、日本地域経済学会、基礎経済科学研究所
 協賛: 政治経済学・経済史学会
 後援: 福島大学うつくしまふくしま未来支援センター、日本経済学会連合
 
2)実行委員会
  委員長:八木紀一郎(経済理論学会) yagi@econ.setsunan.ac.jp
  副委員長:山川充夫(経済地理学会)
  事務局
   事務局長:後藤康夫(福島大学:経済理論学会)
   事務局員:厳成男(福島大学:経済理論学会)
    〒960-1296 福島市金谷川1 福島大学経済経営学類 厳成男 研究室
     電話 024-548-8377 ファックス 024−548−8390
     chn-yan@econ.fukushima-u.ac.jp
  委員:岡田知弘(日本地域経済学会)
     大西広(基礎経済科学研究所)
     森岡孝二、山本孝則、吉田央(経済理論学会)
 
3)日時・会場
  3月24日(土)午後、 25日(日)午前・午後
  会場: コラッセふくしま5階研修室(JR福島駅西口から徒歩5分)
 
4)プログラム
 3月24日 現地交流シンポジウム(13時15分から17時15分) 
  開場 12時45分
  開会 13時15分
  主催者あいさつ  山川充夫(経済地理学会)

  セッションI  周辺自治体における避難と放射能との闘い 
   「3つに線引き・分断(20キロ圏・30キロ圏、圏外)された街」    
     南相馬市長  桜井勝延さん

  セッションII  被曝した大地と農産物
   「全面賠償と除染を求め直接行動する農民」
     福島県農民運動連合会 事務局長 根本敬さん

   休憩 (15時10分から15分)

  セッションIII  立ちあがった新しい市民運動
   「8・15世界同時フェスティバルFUKUSHIMAに全国から1万3千人、
    ネット同時発信に全世界から25万人参加」
     プロジェクトFUKUSHIMA実行委員会代表 ミュージシャン 大友良英さん

  セッションIV  被災者の生活実態と求められる支援   
   「避難所のなかの子どもたちと学生の支援活動」 
     福島大学人間発達文化学類 三浦浩喜さん   

   * 懇親会 18時から20時 コラッセふくしま12階レストラン 
     
 3月25日(日) 学術シンポジウム  9時開会 

  前日の総括・挨拶・メッセージ紹介

  セッション I  日本の社会科学と震災・原発問題 (9時半から12時半)
   1.八木紀一郎(経済理論学会代表幹事)
   2.廣渡清吾(前日本学術会議会長)
   3.山川充夫(経済地理学会会長)
   4.濱田武士(日本地域経済学会)
   5.大西広(基礎経済科学研究所)
   討論 

   休憩  

  セッションII  ローカル・ナショナル・グローバルな連関 (13時半から16時半)
   1.福島・東北  福島大学名誉教授 鈴木浩(福島県復興ビジョン検討委員会座長)
   2.チェルノブイリ  福島大学副学長 清水修二(福島県チェルノブイリ調査団団長)
   3.ドイツの脱原発の道  ベルリン自由大学環境政策研究センター長
       ミランダ・シュラーズ(ドイツ政府エネルギー問題倫理委員会委員) 
   討論 

  16時半 集会宣言にむけての討論
  17時 集会宣言採択・閉会

5)参加費・参加手続き
   会場の収容人数に限界(120人)がありますので、事前にお申し込みください。
    24日午後 500円、 24日夕 懇談会 4000円
    25日午前 500円  午後 500円
   申し込み先:事務局
   参加費は当日受付で徴収
 
 
 
>>福島シンポジウム参加申込書はこちらです
 
 
【関連資料】
東日本大震災と福島第一原発事故を考える_意見・提言集
経済理論学会第59回大会特別部会「東日本大震災と福島第一原発事故を考える」(要約)
東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故についての声明(2011年4月16日)
 
震災・原発問題福島シンポジウム-チラシ